ホーム >  docs >  遷宮祭

docs

遷宮とは神宮(伊勢神宮)の内宮(皇大神宮)・外宮(豊受大神宮)の社殿を造り替える二十年に一度の大祭です。
古町豊受大神宮においても祭典は六六〇年以上前から続いており、今回で三十三回目を迎える伝統行事です。
祭典は、神宮の式年遷宮祭と同じく斧入式から始まり、下遷宮祭、本殿、鳥居、注連掛木の解体の安全祈願祭などから遷宮祭やお練りなど奉祝大祭へと一年間にわたって多くの行事が続きます。

第33回古町豊受大神宮式年遷宮諸祭日程 (平成25年)

2月17日(日)
斧入式遷宮のご用材を伐り始める祭り。今回は古町学者村地区と古町滝の沢地区の山林から切り出されます。
4月28日(日)
下遷宮祭本殿を取り壊す前に、ご神体を遷すため、街の明かりを全て消して行う。宝物行列も同時に行われる。
5月26日(日)
安全祈願祭本殿・鳥居・注連掛木等の解体の安全を願い執り行われる。
8月25日(日)
注連掛木曳き付け・建立消防団員が中心となり、町の上・下からそれぞれ注連掛木を曳き出し建立する。木遣りで活気づく。今回は歌手の美咲さんにも木遣りをお願いしている。
10月19日(土)
御遷宮斎行ご神体を新宮に遷す祭り。遷座祭は下遷宮と同様、夜の闇の中で行う。
10月20日(日)
奉祝大祭式年遷宮で最も賑わう奉祝祭。今回の出し物は、宝物行列・大山獅子・稚児行列・旗行列・民謡流し・山車(5場)・長門不動大鼓・子供神輿・若衆会神輿・農大神輿・消防団神輿・小学校鼓笛隊等が予定されている。また、長和町ふるさと親善大使の美咲さんのミニコンサートも行われる予定。

問い合わせ:正遷宮実行委員会 TEL.0268-68-2101

プリンタ用画面

中央分水嶺トレイル

ここをクリック!!

信州・長和町観光協会

長野県長和町古町2424-19
道の駅マルメロの駅ながと
長和町情報館内
TEL:0268-68-0006
FAX:0268-68-3719


大きな地図で見る
まるごとながわ