長和町を探す

古町豊受大神宮

古町豊受大神宮は通称「おたやさん」と親しまれる地元の神社

豊受大神宮は、古町下町に鎮座し、祭神は豊受姫大神を斎き祀る。

勧請年代は未詳であるが、社伝によると、人皇五十四代仁明天皇の承和元年(西暦834)八月、皇女久子内親王を伊勢の神宮の斎宮に立てさせられ、依田の庄は、この宮様の院領となったことが歴史に現れている。

その当時、伊勢国度会郡山田の外宮より、この有坂(長窪)の五十鈴ヶ原に御分霊を鎮め奉ったとされている。

後の仁治二年(西暦1241)、海野小太郎幸恒が当社を尊敬して遷宮式をはじめ、二十年ごとに本殿、上屋、瑞垣、鳥居、注連掛木、旅館(おたびや)のすべてを新しく建てかえて、遷宮式が行われてきた。

この遷宮式は、伊勢の皇大神宮に準じて、神無月八日に行うを例としてきた。

その後、旅館はそのつど建てかえられなくなったが、遷宮式に要する浄財は広く小県、佐久、諏訪、埴科、水内の崇敬者からの寄進によったのであるが、後になってだんだんその地域が縮めれられた。

それは、「たや制度」が各地に設立、普及されたため、御神符(万度御祓)の頒布区域が狭められたことによる時代の変遷といえる。

従来、この遷宮祭は、名主がその長を勤めて役員多数を選び斎行されてきた。

本社を隔てる1km西方に伊勢山があり伊勢沢があり、奉斎当時なんらかの関係に置かれたと考えられる

公式サイト https://otaya753.otaya-san.com/
電話番号 090-1810-2238
〒住所 〒386-0603 
長野県小県郡長和町古町3876−13
SNS