黒曜の水

長和町水イメージ

和田峠周辺の山系は、今から80~140万年前に活発な噴火活動を繰り返していました。流動性の強い溶岩は、安山岩・流紋岩などと互いに層をなし黒曜石が形成されたといわれています。
周囲の森に降る雨はこの黒曜石の岩盤で濾過され湧水となります。
この湧水は「黒曜の水」と名付けられ、国道142号線新和田トンネル料金所のすぐ近くの「名水広場」に引かれています。
硬度は17度という超軟水、純度が高いため痛みにくいことも特長。おいしいとの評判で遠くからも汲みに来る人も多い「名水」です。

住所:〒386-0600  長野県小県郡長和町和田男女倉
〈お問い合わせ〉信州・長和町観光協会 TEL.0268-68-0006

黒曜の水Kokuyounomizu

<お問い合わせ>

信州・長和町観光協会TEL.0268-68-0006